FC2ブログ

くろひげ屋ニャンズと猫の鉛筆画

我が家のニャンズの日々と猫の鉛筆画のブログです

<<横浜赤レンガ倉庫ねこらんまん展2018  | ホーム | 青春の思い出 今から43年前、私22歳の時に描いた絵 ③>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

描き方で、困ったこと、苦しかったことをお伝えします。 

2018.04.08

本日もお越しいただき、感謝いたします。


私は52歳の時に、初めて鉛筆画の存在を知りました
絵から離れていましたので、絵画などには興味が無かったと言うのが本音です。
きっかけは、楽天のブログを始めたことが絵につながっていきます



皆さんのブログを見ていると綺麗なイラストや絵を目にしました。
イラストレーターの方の絵などは感動ものでした。


私も漫画でも載せて見たらいいかもと単純な動機で載せて見ました
これが、絵を書き出したきっかけです。

IMG_5125.jpg

(初めて書いた、猫?の絵)

この年の秋に鉛筆画の本と出会ったのです。眠っていた思いが爆発した感じです。

その絵を見てからは一瞬で虜となり絵の世界に真っ直ぐに導かれました。


IMG_5127.jpgIMG_5131.jpg


クセとの戦いの日々、簡単では無い鉛筆画の描き方。

鉛筆画のタッチは難しく、想像以上です。動物も、どの様に描くのかも解りません。

何とか形になるのは、漫画の様な絵ばかり。漫画なら問題ありませんが、目指すは鉛筆画です。
大変に困りました。


しかも、52歳になっても、描く線は昔のままで中学生の時に描いたものと同じ
驚きました、いくつになっても線の引き方は同じなのですね。


これでは、目的を達成することは不可能です。
            
猫の絵を描くどころではなく、まずは基本の線から学ぶ。
これしか無いと思いました。


鉛筆画の描き方は基本の線から。
IMG_5133.jpg
(当時、基本の線から勉強を始めています)

IMG_5130.jpg
IMG_5132.jpg IMG_5134.jpg

上の様な絵を沢山描いていたんですよ。単に鉛筆で描いた絵です 笑


鉛筆画の描き方で特に困ったのは
毛並みなど一体どう描けばいいのか皆無です。
毛並みを描くなどは、無理〜だ! と思っていました。


皆さんに伝えたいこと

絵は基本が大切です。正しく基本に則って描かないと後での修正が大変です


線の正しい引き方など、基本がなっていない私は厳しい日々の連続です。

自己流は大変に危険です。 好きな漫画を描くことはけして悪いことではありませんが
デフォルメされた絵を基礎なしに描くことは危険と感じます


初めに基礎をしっかりと学び、それから自分流に崩すことは問題ありませんが
逆をやると後がとても大変ですね。




画家の絵を毎日見る


この画家の本には、猫の絵がないので、他の動物の絵を見て猫に置き換えていました。
道は遠いですね、お先真っ暗です。

この画家なら、どう描くのか?

毎日、画家の絵を見ました。
当初の3年間は、見ているだけ

見続けることは、大切です。
その様に描けなくとも、自分の絵として完成させればいいわけです。

少しずつでも前に進めば、必ず、目標には近づいていけますよ。


IMG_2848_20171218125043c78.jpg




テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

タグ : 鉛筆画 描き方

コメント

絵でも写真でも 

きっと同じですね、ただ撮っているだけでは限界があって、
ある時点で先生につくなり、クラスに行くなり、自分でネットや本で勉強するなりしないといけませんね。

Re: 絵でも写真でも 

> きっと同じですね、ただ撮っているだけでは限界があって、
> ある時点で先生につくなり、クラスに行くなり、自分でネットや本で勉強するなりしないといけませんね。


確かに、そうですね。
全てにおいて、正しく学ぶ必要があると思います。
写真も奥が深いのでしょうね

私も、また少しずつ勉強して応用出来る様に努力します。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kurohigeya269.blog38.fc2.com/tb.php/357-ebe248f3

 | HOME | 

猫の鉛筆画
k180.jpg
  くろ
c180.jpg
  ちび
cc180.jpg
  チャチャ
f180.jpg
  ふう
m180.jpg
みー
IMG_2014020422454491f.jpg
  はな

W-001.jpg
しろ
IMGP0169 (2)
チョビ
IMGP0366_201507051702490ec.jpg
ゆず
IMGP0487 (1)
愛犬モモ
プロフィール
52歳の時、鉛筆画の本と出会い 動物の絵を見た瞬間、全身に電流が 走った、何故か?その本に猫の絵が 無かったことから 私がこの技法で猫の絵を描くと その時に誓った。 今、私は64歳 サラリーマン生活の帰宅してからの 絵から解放されて年金生活に入って 絵を自由に描ける時間を手にした。 愛猫を中心に鉛筆画を描いています

猫の鉛筆画・・くろひげ屋

Author:猫の鉛筆画・・くろひげ屋
我が家のニャンブログと
鉛筆画のブログです。

10020385818_s_20131023213947f63.jpg

(2006年04月02日初めて、
猫の絵を描く記念の絵だニャ!!)
↑どう見ても猫には見えない!
フェィスブック
くろひげ屋のYou Tube
ねこの赤ちゃんkurohigeya_2013102422132983b.jpg

くろひげ屋のtwitter
最新記事
カテゴリ
F (1)
猫 (1)
紙 (1)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

楽天
くろひげ屋ニャンズと愛犬モモ
k-180.jpg  くろ
2001.04に保護
(ボス猫、愛犬との散歩中偶然拾った子猫・・この子が私の人生を変えた) c-180.jpg
 ちび
2001.04に保護
(我がままなお姫様、くろと一緒に保護)
m-180.jpg
 みー
2003.08に保護
(近所の庭にセメダインで動けなくなった子猫を発見そのまま保護してくろひげ屋ニャンズに) h-180.jpg  はな
2008.04に保護
(臍の緒が付いたまま保護された箱入り娘) DSC_1964.jpg  チャチャ
2006.05に保護
(もと外猫で我が家に逃げ込んで来て、そのままくろひげ屋ニャンズに) f-180.jpg  ふう
2010.05に保護
(単身赴任のとき、借家の壁に閉じ込められたのを救助その後くろひげ屋ニャンズの一員に、くろひげ屋ニャンズ唯一の男の子) DSC_3539s.jpg
しろ
(愛犬モモと一緒に犬小屋で暮らしている愛らしい子で、とてもしっかりもの、悲しいことに2013.11月から行方不明) DSC_3214_20120408073515.jpg
愛犬モモ
1998.02.21生まれ
(猫の我がままを全て受け入れる心優しい犬)2014.03.09永眠
DSC_6137_20150705062130708.jpg チョビ
2013.12.15に保護(車に引かれた状態で救出奇跡的に回復、くろひげ屋ニャンズに)
IMGP0286_2015070506213297b.jpg ゆず
2014.02.15に保護
(大雪の日てんかんにより雪にうずくまる中救出病気と闘う日々くろひげ屋ニャンズに)
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

楽天
 
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。