fc2ブログ








ステッドラー鉛筆で、チョビを描く

LND_6453D6C0-93D5-4847-BAFB-088CE2AC7849.jpg


チョビを描く

2018.05.20

ステッドラー・カーボン鉛筆
ステッドラー 鉛筆といえば、

IMG_5749 (1)

ステッドラー マルス ルモグラフ製図用高級鉛筆が有名ですね

勿論、他にも色々と種類があります。

本日はステッドラー 鉛筆の中のカーボン鉛筆という

デッサン用の鉛筆のお話です。

6本セットです。

IMG_5734.jpg

この鉛筆の特徴は、鉛筆特有のてかりが少ないこと。

カーボンがてかりを押さえてくれます

IMG_5735.jpg

2B、4B、6B、8Bと揃っていますよ

ハッキリとした線を引け、更に繊細にダイナミックに引けるとのこと。

濃淡もハッキリ出るらしいので期待できそう。

早々に、ネットで注文し描いて見ました。


使用する前に

前回に描いた尻尾をステッドラー・カーボン鉛筆で描いてみました

IMG_5748.jpg

上が前回の私がいつも使用している鉛筆

下がステッドラー・カーボン鉛筆

2Bから8Bを使用



ステッドラー 鉛筆で描いてみての感想

紙はKMKケント紙ですから、筆圧を強くしなくても普通に描けます

2Bから4Bは普通な感じ、6Bは中心的な役割を感じる

8Bはより黒く描けていいですね!


結論としては、kMKケント紙に描く場合は線も綺麗に描けますし

8Bまであるので使い勝手がいいかも。

ただし、BBケントなどの凹凸のある紙では、使用は厳しいです。

IMG_5746.jpg

実は、チョビの絵はBBケント紙で描いたのですが

筆圧を強くすると鉛筆の滑りが悪くとても疲れます

2倍以上の労力を費やしている感じがし途中で嫌になりました。

この顔の部分は、かなり厳しい!!

ただし、濃淡の表現はかなり鮮明に描けます。やはり8B効果かも。



この滑りの悪さは、口コミにもありましたので気になっていましたが

要は、滑りの良い紙で描けば、明確な線と濃淡を楽しむことが出来ると思います。





今回、チャコール ペンシル、ステッドラー・カーボン鉛筆を使用して

色々と研究致しましたが、結論としては、私が愛用している鉛筆が

一番合っていることが鮮明になりました。


ステッドラー・カーボン鉛筆使用する場合は、補助としての役割の中で

使用するのがいいと感じます。

また、気分転換にもなり新しい線が引けるかも。



鉛筆や紙は、自分で試さないと分かりませんね

合ったものを探すことは、簡単ではないと思います。

何故?

そんなに拘るの?

と思われるかも知れませんが、紙と鉛筆との相性は大切で

私の体験からすると絵が劇的に変わります。



鉛筆て、とても奥が深いですね。





IMG_5753.jpg

チョビと記念撮影♪

もっと可愛いく描くニャ








くろひげ屋




デザイン・アートランキング
[ 2018/05/21 06:40 ] ステッドラー | TB(0) | CM(2)