fc2ブログ








はなが逝って百か日 愛猫が亡くなることは深く悲しいものです。


IMG_3333_201804101017069af.jpg

はなが亡くなって、本日で百か日です、月日の経つのは、早いですね。

百か日とは

悲しみに泣き暮れることをやめる日と言われていますが

月日が経ってば経つほど、はなが愛おしいです。

想定外でしたので、ショックが大きいです。

DSC_0253_20180410102641dcd.jpg

ブログ更新は当面閉鎖を続けるつもりでしたがねこらんまん展

イベントなどの関係もあり、気持ちが前にでました。有難いですね。

IMG_20121215232958_20180410101707726.jpg

完全に復活とはいきませんが、いままでとは違った視点で始めました。

IMG_2574_20180410102111e39.jpg

本格的に、復調するのにはもう少し時間を下さい。

IMG_2404.jpg

我が家では7匹の子がいるので、この子たちが悲しみを埋めてくれていますが

やはり、寂しいです。愛亡くなるということは、大変に辛い。

IMG_3296.jpg

は家族だと心から思います。出来ることなら・・

9CDC5E19-D091-4FBB-85AD-A9655203D6FF.jpg

はな・・・会いたいよ。









 

くろひげ屋



デザイン・アートランキング

[ 2018/04/12 15:25 ] ペットロス 亡くなる | TB(0) | CM(13)

愛猫、はなが亡くなって 皆様にお礼とお知らせを告知いたします。



DSC_2033_20110518184731_20180104085101144.jpg


"はな"の永眠に対し皆様からのお悔みや

励ましを頂き心より感謝致します

公開にあたってはかなりの迷いがありましたが

同じ境遇の方の言葉に心が解放されていきます



"はな"の治療は、葛藤の日々でした

治療を続けるべきか、静かに眠らせてあげるのか

痛い思いをさせ続けても希望があるのか

もし、はなが自ら食べ出してくれたら望みがある

生きて欲しい、その願いのみでした

しかし

別れが来てしまった






1月6日の夕方

小さな骨壷に入って我が家に帰って来ました

こんなに小さくなって・・






私を含め家族が元気になるには時間が必要です

簡単にはこの穴を埋めることは出来ません


Untitled (1)

はなを数年にわたって描いて来たものを並べて見ました

IMG_4665.jpg

夜明け・・

ゆっくりと時間が流れる

IMG_4685.jpg

気がつくと梅の蕾が膨らんでいます

IMG_4679.jpg

我が家の上には

沢山の雲が流れている

"はな"に似ている雲がないかなぁ

IMG_0001 (1)

"はな"、上から見てるなんて嫌だよ

側にいてね。

"はな"・・・
 


 

悲しみを超えていくには時間が必要ですね

暫くの間お休みさせて頂きます




今回はコメント欄を閉じさせて頂きました


皆様の温かい御心に心より感謝致します






くろひげ屋


デザイン・アートランキング
[ 2018/01/11 06:00 ] ペットロス 亡くなる | TB(0) | CM(-)

愛猫、はなが亡くなる。悲しすぎる




DSC_2405_20180104085057e5f.jpg

2018年1月3日 (水)21時30分頃に

"
はな"が虹の橋へと旅立った

悲しくて悲しくて・・

涙が止まりません

まだ・・死を受け入れられない。

 
20120503193556e8d_201801041657370fb.jpg


以前住んでいた隣の家の縁台の下に生まれ

親猫はこの子だけを見捨て行ってしまった


臍の尾が付いたままの"はな"・・

隣の叔母さんが気がついて

慌てて我が家に持ち込み委ねたのです

この子の命を救うべく献身的に育てましたが

簡単ではありません

懸命の努力の結果命の危険は脱し

すくすくと育つまでは本当に大変でした

しかし

愛らしいこの子の姿は

何物にも変えがたい愛を運んでくれます。

我が家の家族になって約10年・・

沢山の愛らしい姿
  Untitled6 (1)



Untitled5 (1)





昨年の12月初め頃に異変があっり

突然食事を食べなくなってきました

胸水が溜まっていたのです

毎日の注射、点滴、胸水を抜く治療

願いはただ一つ

生きて欲しい



はなにとって

苦しい治療が続きます

私達も辛い

しかも、食べないので

強制給餌しても

吐き出したり、暴れたりと

まるで食べることを拒否します

それでも

少しずつでも与え続けました

お願いだから少しでも食べて

そして生きて







私たちは覚悟を決めていました

撫でてあげると

痩せていく身体を感じ辛くなる

まさか

こんなに早く別れが来るとは。




突然の心臓発作

あっという間の出来事で

逝ってしまいました



何度も何度も呼び続け

泣いても泣いても

"
はな"は戻ってこない



はな !

苦しかったね、辛かったね、痛かったね

怖かったね

助けることが出来なかった

ごめんね、ごめんね




これからは

安心して

安らかに眠るんだよ


IMG_3333_20180104085152798.jpg  


はな・・ありがとう


ありがとう



大好きだよ!!





あちらの世界で

モモと一緒に遊んでね

img018_2018010408505536a.jpg  

IMGP1385_Fotor_20180104085154344.jpg  

"はな"・・寂しいよ。








まだ、頭の中が真っ白で

混乱しています

"はな"の件は公開をためらっていました

記事を書いては

写真を見ては

涙、涙、涙・・



昨日1月5日

火葬をお願いしました

愛らしい"はな"にピッタリのピンクの

花を中心に散りばめ

眠っている様な顔を撫で

家族とニャンズと共に

お別れしました

こんなに寂しく、悲しいとは・・

悲しさが増すばかりです。






コメント頂いても

お返事はお許し下さい





[ 2018/01/06 07:05 ] ペットロス 亡くなる | TB(0) | CM(33)