FC2ブログ

くろひげ屋ニャンズと猫の鉛筆画

我が家のニャンズの日々と猫の鉛筆画のブログです

鉛筆画  チビを加筆修正。展開と考え方 

2018.06.05

IMG_5856.jpg 

鉛筆画 愛猫 チビ

リニューアル

チビの絵も加筆修正致しました。

瞳の表現の変更と全体の加筆修正をしています。



前回は、表情が掴みきれませんでした。

はなの絵を描いて、問題点に気がつきました。



視点の変化は、作品を別の角度から見れますね

時間の経過もあり、見えなかったものが見えて来ます。


加筆修正を取り入れ、イメージに近づけて行くことも大切。


今後の展開は、今の描き方を更に磨き、あらゆる絵を描くことです。

しかし

無理はしません。



無理すると、疲れるし爺さんなもので、目もショボショボします。

基本的には、KMKケント紙で描き、顔を中心に描いて見ようかと。




あれ〜 KMKケント紙は嫌いではなかったの?

覚えていましたか!

実はすっかり、慣れてしまいました。

慣れは恐ろしい。




さて、課題も色々とありますが、感じるままに

次の愛猫を描く準備をしたいと思います。






くろひげ屋


index_20180615070347646.jpg
フェィスブック


テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

タグ : 鉛筆画

鉛筆画 完成!  愛しい、はなを描く。 

2018.06.01

 
IMG_5849.jpg


鉛筆画 はな

2018.6.1


昨日の続き、完成に導きます。


IMG_5840.jpg

顔の立体感や、瞳の輝きを更に求めていきます

ここでは、濃淡の有無がとても大切ですね

鉛筆画の最も大切なところですね。



身体の毛並みは、細かいストロークを引いていきます。

表情は、まだまだですね。

ここから、最終をどの様に導くのか? 


結構、難しいなぁ〜。

IMG_5848.jpg

色々と考えた末に、身体の毛並みをより明確にして

更に詳細に描いていき、濃淡もより強くしてみました。

単に黒く塗ればいいと言うものではないので、ここが難しい所。

これで完成としました。

上と見比べると、かなり変わったのが判りますね。

全体の凹凸を明確にしています。




ただ、満足の出来ではありません。課題が沢山ありますね

課題は、次の絵で研究します。



今年の1月3日に亡くなった はな

悲しみを乗り越えた時、新たな絵の世界を見いだすことが出来ました。






くろひげ屋


index_20180615070347646.jpg
フェィスブック

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

タグ : 鉛筆画

鉛筆画 はな 制作中。 no1 

2018.05.31


はな を亡くしたときから考えると、

鉛筆画を描くことや

ブログ更新出来るとは、思いませんでした。


私は完全にペットロスを陥ったからです。

この件は、後日のブログでお話しします。

今は、鉛筆画に集中。



IMG_5835.jpg


はな を描きたく、下から見上げるポーズを選びました

中々、ポイントが判らず試行錯誤していたら、写真を撮ることを

忘れてしまい、この段階で撮影。


ここまでのスケッチはかなり苦戦した。線が決まらず時間が過ぎる

やはり、しっかりと描きたいとの思いが強い。






ポイントを探ります。

はな らしく描けるのか?

数ヶ所のポイントを強調し、イメージを構築していきます

IMG_5836.jpg

なんとなく、感じが解ってきました。これが解らないと

先に毛並みを描いても意味がないので、じっくりと取り組みます。



瞳も少しずつ、濃淡を明確にしていきます。

いきなり黒く塗りつぶすのは、危険で周りの状態やイメージから

徐々に塗りつぶしています。




しかし、はな って可愛い顔してる。

詳細に見ていきますと、よく判ります

鼻筋が通っていて、お目目もパッチリで可愛い。流石に我が家のアイドル。


はな は名前の通り花のある子だったんですね。

IMG_5837.jpg

更に、はな らしさを求めます。

おっ、見えてきましたね。



ここで、休憩。








くろひげ屋


index_20180615070347646.jpg
フェィスブック

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : 鉛筆画

鉛筆画 自分にしか描けないものを目指す。 

2018.05.29

 IMG_5838.jpg

鉛筆画 愛猫チャチャ

リニューアル
前回の鉛筆画をリニューアルしました。

久々にKMKケント紙に描いたので、前回の絵は消極的になっています。

これは、私の鉛筆画ではないなぁ〜。


簡単に言うと、気に入らない 笑


そこで、加筆修正し私が求めるものを明確に。

絵の出来が問題ではありません。



何が言いたいのか、何を描きたいのか?

これが表現出来なければ、絵として意味がない。



躍動感を中心に変更。

寝ているシーンでも、愛猫の躍動感が表現出来ていなければ

意味がないなぁ〜。


まだまだ、稚拙な絵だ。




人真似ではない、自分の感じるものを表現する。

独自の鉛筆画。私にしか描けない個性的な鉛筆画。

これって、凄く楽しい。

これを徹底して求めます。



鉛筆画と言うと、精密鉛筆画が今は流行りですね。

すごい技術だと思いますが、私には合わないです。

影を中心に描いていき、気の遠くなるような作業の連続です。



私の鉛筆画は、単に鉛筆で描いてま〜す。と言うもの

あらゆる曲線を使用して描きます。


ここは、技術的にいくらでも工夫できるところなのですが

以外に難しい

頭では理解できても、突き破れないのです

でも、必ずここを超えます。


でかい目標ができました。








テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 鉛筆画

鉛筆画 完成! 愛猫チビ姫様 no2 

2018.05.27




IMG_5820.jpg


鉛筆画 愛猫チビ姫様

2018.5.26 完成

ケント紙使用

IMG_5801.jpg

昨日の続きから、一気に仕上げました。

特に毛並みは、流れがあるので時間を空けない方が

楽に描けますが、集中する時間には限度があります。


間が空いてしまいますと、リズムを取り戻すのに

時間がかかりますね。


あまり好きではないKMKケント紙を使ったのは

曲線、ストロークでの描き方をより厳しい環境に置くべきと考えたからです。



誤魔化せない環境の方が、やりがいがありますよね。 

ボロも出ますが。 笑




面白いことに、当初はチャコールペンシル やステッドラー 鉛筆を多用しようと

考え取り組んだのですが、全く描けないのです。

そこで、いつもの鉛筆に変更しますとスラスラと勝手に反応。

嘘のように描ける、びっくり!!


やはり、鉛筆との相性って大切と思います。


今回の鉛筆画では、一種類の鉛筆のみを使用

芯を三種類の形に


1.先の尖ったもの

2.通常のもの

3.太くしたもの

以上の形にしました。



3.の太くした鉛筆は、顔以外の毛並みを描くときに

とても効果的です。

2.の通常のものは、平均的な使用が出来るので

全てに渡って、大活躍。

1.の先の尖ったものは、顔を中心に使用しました、角度を反らすと

ベタ塗りも綺麗に描けますね。


一本の鉛筆でも工夫すると多様な線を引くことが可能になります。



濃淡は筆圧で調整

ラフな線からダイナミックなものは、筆圧のみの調整



このスタイルが作業効率も良く、快適です。

色々な硬度を揃えると、かえって流れにブレーキがかかってしまいます。
このスタイルが、老眼になった私にはいいですね。 笑







如何でしょうか?


IMG_5822 (1)

まぁまぁだニャ。


有難きお言葉。珍しく機嫌がいい。




 





テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

タグ : 鉛筆画

«  | HOME |  »

猫の鉛筆画
k180.jpg
  くろ
c180.jpg
  ちび
cc180.jpg
  チャチャ
f180.jpg
  ふう
m180.jpg
みー
IMG_2014020422454491f.jpg
  はな

W-001.jpg
しろ
IMGP0169 (2)
チョビ
IMGP0366_201507051702490ec.jpg
ゆず
IMGP0487 (1)
愛犬モモ
プロフィール
52歳の時、鉛筆画の本と出会い 動物の絵を見た瞬間、全身に電流が 走った、何故か?その本に猫の絵が 無かったことから 私がこの技法で猫の絵を描くと その時に誓った。 今、私は64歳 サラリーマン生活の帰宅してからの 絵から解放されて年金生活に入って 絵を自由に描ける時間を手にした。 愛猫を中心に鉛筆画を描いています

猫の鉛筆画・・くろひげ屋

Author:猫の鉛筆画・・くろひげ屋
我が家のニャンブログと
鉛筆画のブログです。

10020385818_s_20131023213947f63.jpg

(2006年04月02日初めて、
猫の絵を描く記念の絵だニャ!!)
↑どう見ても猫には見えない!
フェィスブック
くろひげ屋のYou Tube
ねこの赤ちゃんkurohigeya_2013102422132983b.jpg

最新記事
カテゴリ
F (1)
猫 (1)
紙 (1)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

楽天
くろひげ屋ニャンズと愛犬モモ
k-180.jpg  くろ
2001.04に保護
(ボス猫、愛犬との散歩中偶然拾った子猫・・この子が私の人生を変えた) c-180.jpg
 ちび
2001.04に保護
(我がままなお姫様、くろと一緒に保護)
m-180.jpg
 みー
2003.08に保護
(近所の庭にセメダインで動けなくなった子猫を発見そのまま保護してくろひげ屋ニャンズに) h-180.jpg  はな
2008.04に保護
(臍の緒が付いたまま保護された箱入り娘) DSC_1964.jpg  チャチャ
2006.05に保護
(もと外猫で我が家に逃げ込んで来て、そのままくろひげ屋ニャンズに) f-180.jpg  ふう
2010.05に保護
(単身赴任のとき、借家の壁に閉じ込められたのを救助その後くろひげ屋ニャンズの一員に、くろひげ屋ニャンズ唯一の男の子) DSC_3539s.jpg
しろ
(愛犬モモと一緒に犬小屋で暮らしている愛らしい子で、とてもしっかりもの、悲しいことに2013.11月から行方不明) DSC_3214_20120408073515.jpg
愛犬モモ
1998.02.21生まれ
(猫の我がままを全て受け入れる心優しい犬)2014.03.09永眠
DSC_6137_20150705062130708.jpg チョビ
2013.12.15に保護(車に引かれた状態で救出奇跡的に回復、くろひげ屋ニャンズに)
IMGP0286_2015070506213297b.jpg ゆず
2014.02.15に保護
(大雪の日てんかんにより雪にうずくまる中救出病気と闘う日々くろひげ屋ニャンズに)
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

楽天
 
リンク