FC2ブログ

くろひげ屋ニャンズと猫の鉛筆画

我が家のニャンズの日々と猫の鉛筆画のブログです

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロフィール  タイムスリップ・・幼い時の写真公開! 

2015.10.23


私のブログを紹介して下さる方が・・

これって凄く嬉しいです。!!




ブログ名  不必要な善意さん

記事



長屋の爺家の家訓とブログの紹介


皆さん覗いてみて下さい

とても読み応えのあるブログですよ





本日はタイムスリップ・・


IMGP1487 (1)

これが・・父ちゃんの幼い時の写真!!


何々・・かわいいですと。(笑)

良く、女の子に間違われました(汗)


IMGP1470_Fotor.jpg

何かの間違いでチか?


IMGP1482.jpg

なんだい騒がしいニャ〜

GRL_0003 (1)

大変でチュ

コメント・・できないでチュ


IMGP1481.jpg

何だって!!

IMGP1479.jpg

うそ〜

IMGP1480.jpg

キャー!

信じられないニャ!!

IMGP1478.jpg

夢でありますように・・

IMGP1468_Fotor.jpg

これが・・と・と・うちゃん

IMGP1469_Fotor.jpg

夢でチ・・はやく目が覚めておくれでチ

IMGP1471_Fotor.jpg
 
怖いもの見たさでチ

もう一度確認でチ


IMGP1477.jpg

今とは・・違いすぎでチュ




 










一緒に写っているのは

愛犬の"あい"

いつも一緒でした

追記

(犬種はスピッツです)

私の動物好きの原点はここにあるのかも

でも

不思議と

猫との出会いはないのです。




ご報告


ご心配頂いた逆流性胃腸炎

本日・・胃カメラの診察を受けてきました

5回目(汗)

さすがに眠りながらの診察にしてもらい

全くわからない内に終了

しかも直ぐに目が覚めてしまい

説明を家内と聞いて

先生から問題なしとの有難いお言葉を頂く

焼けたところは

薬ですっかり治り

液体の薬は飲まなくて良いことに。

後は処方されている薬を

飲み続けることで大丈夫とのこと

今後は節制生活に徹し

健康は十分注意をします。

この15日間苦しい思いを致しましたが

皆様の温かい励ましの中

回復が出来ましたこと感謝です。

ありがとうございます。




今後のブログでは

更新後に楽しい情報などがあった場合は

そこに追加します

日々追加の時もあれば

ない時もあると思います

お楽しみに!!





これ・・堪らない




これ・・泣いちゃうかも。






10.25 追記

最古のネコ科 マヌルネコ

きも可愛い

これが猫??

ここからで〜す。















くろひげ屋







 




にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

タグ : プロフィール

10年目の決意 

2015.07.05

 
私は52歳の時にブログを始めました

あれから10年・・メインブログサイトは楽天、アメブロ、fc2といろいろと変わり

楽しいこと、辛いこと、悲しいこと、嬉しいこと、いろいろなことがありました。



初めはどの様にブログを書いたらいいのか判らず

皆さんのブログを見て参考としアフィリエイトブログを始めてみました

この時につけた名前がくろひげ屋


のちに 猫の鉛筆画・・くろひげ屋へ


しかし、すぐに行き詰まり撃沈!

訪問するブログにイラストが多いことに気がつき私も便乗

描いた絵にコメントを頂いたことが嬉しく

私の好きな絵と保護したニャンとのブログの基礎が生まれました。この年の9月

あの衝撃的な鉛筆画の本と出会いこの本に猫の絵がなかったことから

私がこの技法で猫の絵を描くととんでもないことを決意

更に厳しい環境に己を置く為にタイトルに"猫の鉛筆画"と入れました。

詳しくは プロフィール


この頃

ある看護学生さんが毎回コメント下さり、この方に喜んで頂けるブログを作りたいと希望

この考え方がのちに・・

一人の心を撃ち抜く絵を描ければ、世界に通じると



今年で10年・・亀の様な私の歩み

絵の進歩も進みませんが

ここまで続けられたのも皆様とニャンズと家族のお陰

全てをリセット

原点に帰り・・




心を撃ち抜く絵を描く

を目標に

新たなスタートを切ります。















くろひげ屋
くろひげ屋




追伸

メインブログサイトはfc2のみ

この為下記の様に変更致しました


アメブロ、猫の鉛筆画・・極める為に。は

このブログに吸収し削除へ

楽天、日溜まりの中に・・猫の鉛筆画は

このブログのギャラリーへ

楽天は案内版へ


















テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

タグ : プロフィール

プロフィール 

2014.02.15

本日はチョビ日記ではなく
私のフロフィールです
よろしくお願い致します
fc2ではアメブロからの移転という形をとりましたので
私のプロフィールなど基本的な詳細が抜けています(汗)
 
今更ですが、今後鉛筆画の基本的なことも含め
皆様に少しでも役に立つ内容に変更したく
本日はプロフィールと言う方とで公開致します

文章も以前の様に真ん中での記述ではなく
左端より記載致します
文章が長いと端からでないと読みにくいですね

img004.jpg
2006.09.08に書いたもの
初めは漫画??
8年前だ!!
今後、こんな絵も登場するかも



絵との出会い

中学二年のとき
体育祭で友達の単行本サイボーグ009を見て
(懐かしい!!)
石ノ森章太郎のファンになり
私も漫画を書きたいなぁ〜というのが
絵に興味をもった始めです
その後、石ノ森章太郎の本を買い集め
真似をして絵を書き出しました
とくに熱狂したのが漫画家入門です
この本には興奮しましたね
漫画制作は
中学二年から高校の二年の前半頃まで
続きました
ストリー漫画やギャグ漫画などを考えては
ケント紙に書いた物です
漫画家やアニメーターなどに憧れましたが
将来のことを考えて調べると
給料が安いことを知ると諦めてしまいました
現実的です(笑)

後は確か二十歳頃にイラストを数枚書いたことや
落書き程度のものはありますが
五十二歳になるまで絵らしきものは
描いた記憶がありません

衝撃的な鉛筆画の本と出会う


五十二歳のとき衝撃的な鉛筆画の本と出会いました
これは本当のことなのですが
古本屋の二階にいくとまるでこの本を見てと言わんばかりに
山積みされた本の一番上に鉛筆画の本が置いてあり
へぇ〜鉛筆画の本かとページをめくって行くと
風景画や人物画、そして動物の絵・・それをめくって行くと
うさぎの絵が目に飛び込んで来たとき
全身に電流が走りました
何だ この絵は!!
暫し茫然・・凄い絵だなぁ〜と
このときのことは昨日のことのように覚えています
PAP_0435.jpg
多分皆さんが同じこの本を見ても
あまりピント来ないかもしれませんね

鉛筆画関連の本


猫の絵の原点


更に動物の絵を全て見ると猫の絵が無いのに気づき
とっさにこの画家の手法で私が猫の絵を描くと
心に誓いました
おそらく学生時代に憧れていた絵への道が
心の奥にありこれが導きだされたと思います

この画家の絵は曲線が素晴らしく
今までに見た事の無い動物の絵でした
光の表現、毛並みの表現・・どれも素晴らしいです
ただ残念なことに猫の絵がなかった
これが幸い?私が猫の絵を描く原点になりました

何故?猫の絵かというと
丁度、猫を飼っていたからでしょうね。
img005_201402091934379dc.jpg  
2006に書いたもの 日付は不明

癖はいくつになっても治らない・厳しい道のりに
10年の歳月を誓う

しかし、夢は大きくとも現実は厳しいです
漫画の様な絵しか描けない私に
この画家のように絵が描ける訳がありません
この本の鉛筆画は手法はほんの少ししか載っていませんし
導入的な部分のみです
そこで私は10年の歳月をかけることを決意
3年を一つの区切りとして三回重ねあと一年を完成に
初めは
この動物の絵を見つづける事にしました
そうですね、一年間はただ見ていただけで
真似などして動物を描く事は到底できませんでした
仕方がないので本に載っている基本的な線やストロークを
練習しましたが
このとき大きな障害にぶつかりました
それは癖です
線を引くと漫画の線になり基本線が
引けません
この歳になっても中学生のときの
漫画の線になってしまい戸惑いました
練習してもどうしても癖が抜けないのです
自己流の描き方は大きな障害になり
これが抜けるのには数年もかかりました
何事も正しく学ばないといけないと痛感します

こうした中から猫の絵がスタートしたのです

IMG_0001_201402062216564ed.jpg
初めて書いた猫??の絵
2006年04月02日

この絵は楽天でブログを書いていた時に
描いたものです
この絵から始まりました。
今見ると漫画??
とにかくひたすら書きました
img007.jpg
うひゃ〜〜
2006.08.27に描いたもの
やはりかなり漫画ぽいし、猫の毛なの描き方など
まったく判っていません
これ以上大きく表示するとボロが丸見えです

思い出した事

10年構想を考えたとき
1.一匹の猫の絵を描けること
2.人物と猫を描けること
3.複数の猫を描けること

など一年単位で課題を掲げたことを思い出しました
上の絵もそうした考えから生まれたものです

DSC_5071_20140211194026f04.jpg
2013.04.13に描く
気に入ってはいませんが、人物の勉強の為に描いたものです
上の漫画ような絵から見ると少しはいいかも
人物は解剖学を徹底して学ばないと厳しいと思います
人物を確実に描ける方は骨や筋肉を僅かな線で表現
出来るので凄いと思います
一番いいのはモデルさんを雇って
徹底して描く時間と余裕が必要ですね
今の私には二つともありません


あっ 解剖学は"アーティストの為の美術解剖学"がお勧めです
解剖学関連の本




私のDNA
実は私の父は画家になる気だったようです
しかし
家族の孟反対にあいサラリーマンに
父の絵は風景画が中心で作風は私とはまったく違います
静的というか躍動感のない絵ですね
小さい時に見た記憶なのであまりよくは覚えていないのですが
人物もイラスト的でした
私はこうしたジャンルの絵にはまったく興味を示しませんでした
父も絵は何処かに整理して入れて置いたようで
引っ越しなどにより数枚あったものが無くなって
しまいました・・残念
私はこの歳になって鉛筆画に目覚めましたが
やはりこうしたDNAを受け継いでいるのかも。





IMG_2014020422454491f.jpg

2012.12.15の作品

プロフィールといっても
とりとめのない話になってしまいました


さて・・次回も
プログを始めた当時(2006年)の猫の絵が続々と?登場致します
いや〜本来は公開したくないのですが
見たら更に勇気づけられると思いますよ(笑)

チョビのその後

IMGP0015.jpg
まったりなチョビ

鼻の詰まりはあまり変化がありませんが
とても元気です
只鼻づまりの抗生剤を飲んでいる関係からか
時々沢山の鼻水が出てその後は楽なようで
鼻からも変な音が無くなります
薬が切れるとまた元に戻る感じです


皆様には心から感謝
いつも温かいコメントありがとうございます


チョビ日記



またまた野良猫を救出
昨日の2月15日の大雪の中 お昼近くに
私の携帯にメールが・・
家内からのもの。

猫を保護、茶トラの子が道の真ん中にうずくまって寒さから
低体温症になりまったく動けなくなっているとのこと

直ぐさま我が家に連れて来て玄関に置くとぐったりとしながらも
小さな声でニャ〜と鳴いたそうで、雪でぬれた身体はビショビショ状態
直ぐさまタオルでふきカイロや毛布
更に身体を擦り温めてあげたようです

かなり体温が低く危険な状態で必死に介護
何故道の真ん中で動けなくなっていたのかは不明です

私が帰宅しニャンを見ると元気になっていました
触ってあげると身体はしっかりしていたので大丈夫と感じましたが
しかし、もし家内が見つけなければあの大雪です雪に埋もれて
車に引かれてしまっていただろうと思います
IMGP0006_20140215094841a54.jpg
今朝の写真
足取りもしっかりしている感じの野良ちゃん


チョビといい・・私達は野良猫が危機的な状態から偶然にも命を救っている

なんとも不思議な話だと思います

この子も女の子 完全に体力が戻るまで世話をしてあげ
避妊してから離してあげようと考えています

















テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

タグ : くろひげ屋 くろひげ屋ニャンズ 鉛筆画

くろひげ屋について 

2011.04.23


いきなりのfc2ブログスタートなので

少し私のことについて書きます

初めましての記事と二番目に書いたブログが

突然消えてしまいましたので

ここに改めて書きます

くろひげ屋は、楽天ブログから生まれ

そこからアメブロにブログを移し

現在はアメブロ、"日溜まりの中に・・猫の鉛筆画"

楽天 "猫の鉛筆画とくろひげ屋ニャンズ"

のブログを公開しています

当初、同じものをfc2にと思っていたのですが

いままでのブログが鉛筆画中心のため

我が家のニャンズの記事を

いつでも自由に書けるブログがほしいなぁ~という思いがありました

そこで・・ここを

     "くろひげ屋ニャンズと猫の鉛筆画"としてニャンズを前にし

我が家のニャンズの写真を沢山載せて行きたいと思います

スクリーンショット(2011-01-09 17.27

よろしくです

あっ

くろひげ屋とは

くろは我が家のボス猫"くろ"の名前から

ひげは娘のペンネーム"ひげ"から

屋は楽天当初アフィリエイトのお店をやりたかったので

○○屋の"屋"をつけました

絵を描いたとき何気なく

サインをくろひげ屋と書いたのが

そのまま来ています。


そんな訳です

よろしくお願い致します。




鉛筆画も時々顔を出しますので











くろひげ屋


はな

 ブログ タイトル変更です

"猫の鉛筆画とくろひげ屋ニャンズ"を

"くろひげ屋ニャンズと猫の鉛筆画"と致します。



 
人気ブログランキングへ
応援よろしニャ!!

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

タグ : ブログ タイトル

 | HOME | 

猫の鉛筆画
k180.jpg
  くろ
c180.jpg
  ちび
cc180.jpg
  チャチャ
f180.jpg
  ふう
m180.jpg
みー
IMG_2014020422454491f.jpg
  はな

W-001.jpg
しろ
IMGP0169 (2)
チョビ
IMGP0366_201507051702490ec.jpg
ゆず
IMGP0487 (1)
愛犬モモ
プロフィール
52歳の時、鉛筆画の本と出会い 動物の絵を見た瞬間、全身に電流が 走った、何故か?その本に猫の絵が 無かったことから 私がこの技法で猫の絵を描くと その時に誓った。 今、私は64歳 サラリーマン生活の帰宅してからの 絵から解放されて年金生活に入って 絵を自由に描ける時間を手にした。 愛猫を中心に鉛筆画を描いています

猫の鉛筆画・・くろひげ屋

Author:猫の鉛筆画・・くろひげ屋
我が家のニャンブログと
鉛筆画のブログです。

10020385818_s_20131023213947f63.jpg

(2006年04月02日初めて、
猫の絵を描く記念の絵だニャ!!)
↑どう見ても猫には見えない!
フェィスブック
くろひげ屋のYou Tube
ねこの赤ちゃんkurohigeya_2013102422132983b.jpg

くろひげ屋のtwitter
最新記事
カテゴリ
F (1)
猫 (1)
紙 (1)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

楽天
くろひげ屋ニャンズと愛犬モモ
k-180.jpg  くろ
2001.04に保護
(ボス猫、愛犬との散歩中偶然拾った子猫・・この子が私の人生を変えた) c-180.jpg
 ちび
2001.04に保護
(我がままなお姫様、くろと一緒に保護)
m-180.jpg
 みー
2003.08に保護
(近所の庭にセメダインで動けなくなった子猫を発見そのまま保護してくろひげ屋ニャンズに) h-180.jpg  はな
2008.04に保護
(臍の緒が付いたまま保護された箱入り娘) DSC_1964.jpg  チャチャ
2006.05に保護
(もと外猫で我が家に逃げ込んで来て、そのままくろひげ屋ニャンズに) f-180.jpg  ふう
2010.05に保護
(単身赴任のとき、借家の壁に閉じ込められたのを救助その後くろひげ屋ニャンズの一員に、くろひげ屋ニャンズ唯一の男の子) DSC_3539s.jpg
しろ
(愛犬モモと一緒に犬小屋で暮らしている愛らしい子で、とてもしっかりもの、悲しいことに2013.11月から行方不明) DSC_3214_20120408073515.jpg
愛犬モモ
1998.02.21生まれ
(猫の我がままを全て受け入れる心優しい犬)2014.03.09永眠
DSC_6137_20150705062130708.jpg チョビ
2013.12.15に保護(車に引かれた状態で救出奇跡的に回復、くろひげ屋ニャンズに)
IMGP0286_2015070506213297b.jpg ゆず
2014.02.15に保護
(大雪の日てんかんにより雪にうずくまる中救出病気と闘う日々くろひげ屋ニャンズに)
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

楽天
 
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。